株式投資 イートレード
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


MenkarmWorld

メンカームワイ探せ!



メンカームワイ?(写真はヘラクレス)

数年前に山口県むつみ村の昆虫王国で外国産カブト虫のポスターを見ながら妻(タイ人)が「タイにもこんなカブト虫が居るよ」と指差したのがネプチューン(写真下左)。タイにたくさん居るのはこれだろうとヒメカブトの写真(写真下右)を見せると「これが多いけどもっと角が長いのが居るよ」と言います。

ネプチューン ヒメカブト

じゃあ角の先はどうなっているの?と角の先が分かれてないネプチューン(写真下左)と先が2つに分かれているヒメカブト(写真下右)を見せるとネプチューンの方を指差します。

分かれてないネプチューンの角 先が2つに分かれたヒメカブトの角

調べてみるとネプチューンは南米のカブト虫ですからタイにこんなカブト虫は居ないと思いましたが気になったので「まちかね掲示板」で質問したところ、タイにはそのようなカブト虫は居ない筈なのでもし本当に居れば新種だと教えて頂きました。妻の話では、この虫は子供の頃住んでいたタイのサコンナコン県で「メンカーム(カブト虫)ワイ(蔓)」と呼ばれ、数が少ないのでなかなか捕まえることが出来ず、妻の両親が今住んでるナコンパノム県へ引っ越してからは一度も見たことが無いそうです。今年の正月にサコンナコン県に住んでいる義兄と会ったので、絵を書いて尋ねると「居る」と言いましたので捕まえて日本へ送ってくれるように頼んでおいたのですが未だに送って来ません。妻に写真をよく見せて話を聴くとネプチューンよりもどちらかと言うとヘラクレス(写真一番上)に近いらしいのですが、本当に居るのかどうか?もしかすると妻の勘違いや、単に私がからかわれているのかもしれませんが、もし本当に居たら新種のカブト虫ですから面白いですよね。これを読まれた方はぜひ周りに居られるタイ人(特にタイ東北部出身者)に聴いてみていただけませんでしょうか?情報提供をお待ちしております。


タイに居ると言われているカブト虫

「まちかね掲示板」でDrCさんに教えていただいたタイに分布するカブトムシ族です。

コーカサスオオカブト
コーカサスオオカブト
アトラスオオカブト
アトラスオオカブト
カブトムシ
カブトムシ(写真は日本産カブト)
ヒメカブト
ヒメカブト
ゴホンヅノカブト
ゴホンヅノカブト
タイゴホンヅノカブト
タイゴホンヅノカブト
ビルマゴホンヅノカブト
ビルマゴホンヅノカブト
タイでカブト虫が寄って来る木

妻の実家にあるカブト虫が寄って来る木です。この地方の方言で「パクチー」と呼ばれています。タイでは竹の新芽が甘いらしく竹薮にもカブト虫が居るそうです。


「パクチー」の木です。

こんな葉をしてます。

樹液に蟻が集っていました。

オフシーズンなので羽が落ちていただけでした。

このホームページで使用している写真の著作権は外国産カブトがBR・ヘラクレスのホームページのヘラクレス様、日本産カブトはカブトムシの幼虫を育てるっす!のNagata様にあり, このページでは許可を頂いて使用しております。写真の無断使用はお断りします。